出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

原料を「均一混合」した製品のサンプリング検査には「相当程度」意味があります。

2011年08月31日
農産物の放射能検査において、サンプリング検査「しか」「全く」方法がない、なら、そのサンプルが代表させようとする全体をそのサンプルが代表していると思う人は買えばいいですし、不安に思う人は買わなければいい、と思います。

私は揺れていますので、その時どきで購買行動が異なります。

個人的には、福島第一原発が冷温停止し、事故の全容が詳らかになるまで、また広域の「詳細な」放射能汚染マップが出来るまで、販売は自粛するべきですし、それとセットに速やかな損害賠償を実施するべきだと思います。生産再開は早くても2年先など、民主党が見通しを示さなかったことは残念。

政府の発想が「念のため販売自粛」ではなく、「安全上問題なかったと後に判明した場合、販売自粛させた責を問われるので、販売黙認」ということであったのでは、そう思います。どちらにせよ、影響は大きいですので、判断にはさぞ迷ったことでしょう。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています