出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

政府はなぜ?放射能全数検査導入を後押ししない?

2011年08月31日
精度の問題はあれ、検査所要時間(1検体12秒)の問題はあれ、今回の原発事故汚染においては、通常のサンプリング検査の妥当性・信頼性が担保できません。担保できない以上、定量試験より定性「的」試験に頭を切り替える必要、切なり。

富士電機に続く企業を含め、政府が後押ししてもらいたい。いまだ原子力村的発想では実害のみならず、風評被害を更に拡大することを後押しするようなもの、です。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています