出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

はたして...厚労省・消費者庁は食品衛生法違反で東京電力を刑事告発するだろうか?

2011年08月31日
人の健康に全く悪影響を与えない、うなぎの輸入元改ざんで「さえ」有罪となる時代。

原発事故への備えを「意図的に」外していったことにより事故を誘発し、結果としてこれだけの害を撒いたのですから、その悪質性からも「よもや」刑事告発「さえ」されない、ということはないでしょうが...はたして刑事告発は何時頃を考えているのだろうか?

刑事告発をしない、ということもあり得るかもしれませんが、その場合は所管官庁として職務を放棄したものと私は判断しますので、食に関しては違法行為をしても処分を受けることもなくなるのでしょう。

順守する必要がないなら、学ぶ必要もまた感じないでしょうから、...私は商売替えする必要を迫られる。この年で業界替えするよりは...国家の権威に歯向かった、という名誉ある罪で実刑として頂き、刑務所で三食お世話になりたいもの。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています