出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

食に関する放射性物質汚染問題。農水省には所管事業者への啓蒙・底上げを是非にお願いしたい。

2011年08月29日

福島第一原発事故後に天日干し稲わらを集め放射性物質検査をせずに、それを牛の餌にした件。出した側・受けた側、双方に悪意が無かったであろうことが問題。

いっそ、悪意があった方がまし、でした。農水省担当部局からすれば、あ然としたことでしょう。食の安全・安心に必要な基礎的知識の啓蒙が必要ですし、それ無くして風評被害という言葉は最早使えようもありません。

流通の下流の人たちに対して加害者であっても、過失が少なければ、原発事故の被害者であることに同情を寄せられるでしょうが、...今回は極めて残念。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています