出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

日本原燃社長の発言に、太平洋戦争開戦前夜の海軍を想起する。

2011年07月30日
「原発抜きに国の発展はない」との言に、「石油が底をついては戦はできぬ」という言を思い出す。私の連想ゲームは飛躍しますので。

尊い多くの人命を失い、戦争に敗れ...は、したものの、山河は残り、今我々は此処に在る。国は人が住める山河あってこそのもの。

原発は当面必要であるとは私も思いますが、「数多のイカサマ」露見が原発への恐怖を呼び覚ましたことに対する原発ムラ住民に反省はありや?...不信感が一層募ります〜。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています