出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

今年〜来年は厚労省が消費者サイドから突き上げられる機運?

2011年06月30日
農水省は随分?叩かれてきましたが、ユッケ問題・放射能問題で厚労省も非難される可能性が。

食の安全・安心に関連して、農水省は厳しく糾弾され厚労省は比較的火の粉を被らずに済んできたその違いの主因は、末端機関の違い。

地方の末端指導監督機関が機能してきたか否かの違い。

一方は農政局・農政事務所。他方は保健所。

厚労省は都道府県保健所のお陰で難を逃れてきましたが、その都道府県食品衛生機関の法改正の要請を断り続けてきたことが明るみ?に出て、現在苦境。

改正論議の詳細は承知していませんが、どうも「実効性」はなさそう。いろいろシガラミというものがあるようで改正後、その効無しの事件が起こり、また改正、ということが予想される情勢。

私の予想は、毎度、当たりません。当たらないことを祈ります。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています