出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

消費者庁が取り組んでいる栄養表示義務化は家庭人としての私は大歓迎。

2011年06月28日
というよりは切望。中食・出来あいの惣菜を活用できますので、義務化になれば、とても有り難い。

一方、職業人としての私は表示数値の信頼性は一部の大手企業以外は担保できないことを理解しています。規模の小さな多くの企業の数値は、あくまで「参考値」としか捉えることはできません。

大手の場合は製造日毎・製造ロット毎に理化学検査を行い「実測」しますので、表示数値と実数値は必ず一定幅内で管理されます。実測検査していますので、逸脱した場合は出荷停止措置を自発的に行いますので、誤出荷のリスクは低い。

ということで、私は家族に供する加工食品には「極力」大手食品メーカーの商品を購入しています。その他は個人的に管理状況を知っている信頼できる企業の加工食品を購入しています。

店頭の食品を見る最近の私は職業人というより火星人...もとい家庭人。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています