出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

通販食品の食関連法遵守状況。

2007年06月29日
私は通販食品製造事業者の品質保証コンサルもしています。販路が直販・通販限定の場合は食関連法違反を外部から指摘される事は先ずありません(勿論遵守義務はあります)。

直販・通販に販路を限定した食品事業者にとって回収リスクは期限表示ミス(薄印字、誤印字)にほぼ限定されます。品質保証リスクが低い以上、それらに経費をかけてもペイしません。

これらの事業モデルの事業者の方(主に社長さん)からコンサル依頼を頂いた場合、丁重にお断りします。理由は前述のように「品質トラブルリスク回避対策は不要」である事と、もう一つの事が主因になります。もう一つとは、私に連絡した事です。

私にコンサル依頼するという事は「品質保証・品質管理に関心を持っている」事を如実に物語ります。既に「関心を持っている」事自体で品質管理・品質保証面では他社をリードしている事になるのです。それで十分です。

お話を伺った上で、それでも「頼みたい」と言って頂いた場合のみに限定して、リスク回避・苦情対応等の品質保証相談・代行を受けています。実務的貢献と精神的貢献、といったところです。

コンサル依頼問合せを受ける中で、事業リスクの低さ・コンサル不要は説明しますので、社長さん方は概ね漠然とした不安感が解消されホッとするようです。品質保証に関心を持っている経営者とやり取りすることは私にとっても嬉しいことですが、折角の依頼を断る私は...、事業モデル考えねば。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています