出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

食品回収−外部指摘と内部指摘

2007年04月21日

外部から法抵触を指摘されて食品回収する場合も一律に「自主」回収と呼びます。社内点検で気づいた場合はその旨も公表しますが、社外から指摘を受けて気づいた場合には「社外の指摘により」という事は通常発表しません。ですから、回収の際「気づいた理由」を言及していない公表は概ね外部からの指摘と内部告発と判断して差し支えありません。

大手の場合、独立した品質保証・品質管理部署がありますので、日々の社内点検・調査の結果、不備が見つかるという事が多いのに対し、中小の場合は外部からの指摘で気づく事が多いです。中小の場合は違法性指摘を受けても自社内部保留人材では合法・違法の判断が出来ない場合もあります。

食関連法は複雑で、関連法は多数の官庁にまたがっていますので、全てを網羅することは至難です。私も即答できないことは多いですし、行政のホームページを観ても要領を得ません。そういう法律があるとは「知らなかった」と事業者側が言うのもある意味もっともです。

企業ブランド知名度の高低により、違法性に照らした回収の要件は大手と中小零細では大きく異なります。事業者側はその見極めをする、出来ることもリスク管理上必要です。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています