出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

仙台市役所によるり災証明書発行がなかなか進んでいないとのこと。

2011年05月21日
多賀城市方式も何らかの参考になるのでは?

仙台市内は津波による被災の他、地震のみによる被災も多いのでしょうから、認定作業に時間がかかっているのでしょうが...。

多賀城市役所の総合相談窓口では、三人一組で窓口業務を行っていました。うち一人が多賀城市職員、他お二人は市役所業務応援に来てくださっている他県の行政官。

多賀城市職員が主に質問・説明にあたり、他お二人の方はパソコン作業とコピー支援などを分担しておられたようでした。

新聞上の掲載写真では、一人で全て行っているように見えましたので、もし他都道府県市町からの応援が少ないのであれば、積極的に応援要請をしては如何?

被災市町間で情報交換し、他市町の手法を各々参考にして頂ければ、県民として幸い。

宮城県の中心都市仙台市の手続き進捗が芳しくないと、他市町の進捗が宜しくても、宮城県としてまとまりがつかず、律速になってしまうかもしれません。

私にはわからない大変なことが、それぞれに、いろいろある、のだろうとは思います。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています