出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

...消費者視点では私はアウトローかもしれませんが、行政筋から四の五の言われる筋合いは無し。

2011年05月21日
行政筋が私に何か「文句」を言いたいのであれば、その前に「先ずは小規模食品事業者の啓蒙・指導をやってからにしなされ〜」、と私は一蹴してしまうでしょう。

文句を言われる筋合いは無し、行政筋に私が文句を言う「権利」は有り、なぜなら行政筋が啓蒙・指導の「義務」を「放棄」し続けているので、行政筋が「本来」果たすべき啓蒙・指導まで私はやらざるをえない。

法の存在・実務の必要性さえ感じない事業者が多いのは、あまりと言ってはあまりに行政が行のうべき「啓蒙」「指導」を忌避し続けてきた結果、です。

私がかかわり続ける会社は「必要性を感じる」但し「自前では出来ないこともある」会社。私からみれば、必要性を認識しているだけ立派なもの。

私が何を言おうが、憤まんやる方無しの土壌を醸成してきた行政筋に、四の五の言われる筋合いは無し、と思う次第。

...私って、ホンにアウトロー?、もとい、アウトサイダー。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています