出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

幼児に生レバーを与えるのは厳禁です。

2007年04月13日
石川県のある焼き肉店で生レバーを食べた人が腸管出血性大腸菌O157による食中毒症状を訴えたそうです。

そもそも生レバーを供する・食べる事自体が問題です。まして抵抗力の弱い幼児が食べれば食中毒発症リスクが高いのは自明です。

保健所もレバーの生食をしないよう呼びかけていますが、禁止ではありません。供する飲食店・食する飲食者の自己責任になりますが、十分な啓蒙が出来ない状況では自己責任と突き放すのは酷かもしれません。

法律上、予防措置としてレバー生食を禁ずる事が出来ない以上、国民の健康を守る観点から、風評被害云々と言わず、積極的な啓蒙が望まれます。

先週テレビで生食レバーを好意的に放送している場面を観ましたが、「あるある問題」以後も相変わらず安全性には頓着しない編集には参りました。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています