出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

商品規格書、商品カルテの書式は様々。

2007年04月12日
私の品質保証コンサル・代行先は食品製造事業者ですので、販売・卸の取引先へ提出する商品規格書・商品カルテの作成依頼を受ける事もあります。これまでも要請はありましたが、最近依頼数が増えてきました。

商品規格書・商品カルテの書式は販売者・卸業者が独自に作成していますので、書式は千差万別。一点の商品に付き一枚で済む書式もありますし、4枚になる場合もあります。枚数が多くなる程、記入項目も詳細になり手間が掛かります。

コンサル・代行先から商品規格書記入依頼回数が増えるという事はコンサル先の事業が順調ということでもありますので、喜ばしい事です。苦情処理へのアドバイス・詫び状作成の方が経営者からは感謝されるのですが、どちらも重要な仕事です。

商品カルテ・商品規格書を作成する際最も気を配る事は、ラベルや包装フィルムの表示内容と書類記入内容の整合性がとれているか、という事です。この点は注意して下さい。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています