出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

仙台の民間病院でさえ今尚食糧が足りない。

2011年03月22日
弱者への労わり・配慮が「無い」、足りないではない「無い」。

怒りをもってそう申し上げる。

私は自家用車のなけなしのガソリンを使い詰めるだけの加熱済冷凍食品を食品工場から運び出し運搬持込みし、またガソリンが無くなってからは自転車に50kgの調理済(加熱済)冷凍食品を積んで雪の降る中20kmの道程を何度も往復しました。

私は自らの置かれた状況において、精一杯のことをしたつもりです。少なくとも「行動」しました。

高齢者施設・病院...それらの身体的弱者が集う施設にそれらの近隣の食品会社から徒歩で人力で食料を搬入するよう私が行政機関・NHKにお願いしたことに何らかのアクションを起こさなかったのなら、人命軽視として、二次災害・窃盗誘発要因として厳しい視線を私がそれら機関に向けることは当然のことと思う。猛省頂きたい。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています