出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

法による監督逡巡は啓蒙不十分の負い目から?

2007年03月26日
食関連法の啓蒙には各監督官庁・地方自治体も手を焼いており、既に猶予期間の過ぎた法について事業者側では「何?それどんな法律なの?守らないといけないの?」という反応もちらほら。

各監督官庁・地方自治体も啓蒙を半ば諦めている節も見られる法律もあります。確かに食品事業者と一括りに法を適用しようとしても現在の消費者・マスコミの要求レベルについて来れない事業者の方が多いでしょう。

食関連法をあまねく啓蒙し遵守させる事が度台無理である事は監督する行政が一番良く知っていますから、手綱の締め方・緩め方の加減・バランスには腐心する事でしょう。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています