出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

従来型の製造所固有記号使用目的の一部?は他法に抵触リスクが高まりました。

2011年02月27日
消費者庁がさり気なく?「製造所固有記号Q&A」を更新しました。

これにより、景品表示法違反・不正競争防止法違反での摘発のハードルが下げられたもの、と私は思います。

消費者庁による更新は、事業者サイドへの「謎かけ」と私は解します。

「何月何日までは猶予する」とは消費者庁も言える立場にはありません。消費者次第・風次第でしょう。

何れは日本生活協同組合の表示方式に右倣えすることにはなるでしょうから、方針・スケジュールを立て粛々と進めることをお勧めします。

引き金は...地方のお土産、がなってしまう公算大、と私は思います。...因みに私の予想は当たらない。...告発して予想を引き寄せるほど私は落ちてはいませんし。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています