出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

中小企業の品質保証コンサルは先ずは代行で力量を示す。

2007年03月24日
中小食品企業の社長さんにコンサルとしての有用性を示すのは至難の技です。なぜなら今までコンサル無しに立派に支障無く経営されてきた実績とその実感をお持ちだからです。もっともな事です。

始めは代行をやらせて貰い、能力と信用と人格を、頭で理解頂くのではなく経営者としての嗅覚で「是」と感じて頂くこと、これが全てだと感じています。

中小企業の社長はオーナーですから、真摯に勤めていれば継続的に契約してくれます。「こうした方が良い。ああした方が良い。」とコンサルするより、露払いのようにその時その時点で起こった「顕在化」した品質保証上の業務・問題を迅速に適切にさらっと処理する、私は別に大した仕事はしていません、そういう謙虚な態度で仕事をさせて頂く事を積み上げていく事が信頼を醸成します。

コンサルタントといっても大手相手と異なり、結構地味に仕事しています。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています