出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

食品関連法の所管行政機関とは、何とも気の毒な組織。

2010年12月30日
食品業界は小規模食品事業者が多いですので、善意で違反行為に目をつぶることも多いでしょう。

先送り・違反行為黙認の先例を多く作る結果となり、それらによって自らが拘束されることになる。

発露が善意・温情であること多し、と思いますので、何とも気の毒ではあります。

対して...助けてもらった経営者は、というと...助けてもらったということすら理解できない人が多いようですので、行政機関・行政官にとっては泣きっ面に蜂、でしょう。

理解できないオーナー経営者には「理解できるように」きつく釘を刺した方がいいでしょう。鈍なる人はトコトン鈍ですので、また同じことを繰り返し恩を仇で返す、でしょうから。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています