出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

来年もどこぞの食品企業が人災に晒されるのでしょう。

2010年12月30日
マスコミ・所管行政機関の多くが食品を取り巻く複雑な事情に対して大分理解が深まってきましたので、2010年はマスコミ・所管行政機関による二次災害は少なかった印象を持ちます。

2011年も同様に推移するとは思いますが、非難はしないとしても擁護まではしないでしょう。

不祥事に見舞われた食品関連大手企業がその時どのように対処したか、他社の事例ほど格好の教材はありませんので、大手企業ならすべからく最低でも半年毎に対処マニュアルを更新し訓練することをお勧めします。

私は大手企業には概して同情的ですので、微力ながら援護するでしょう、有り難迷惑かもしれませんけど、当方勝手の風の吹くまま気の向くまま。

情けは他人のためならず。タイムリーに多方面からの擁護が得られるか、それは日頃の行い次第。美徳を宣伝し過ぎれば鼻に付きますが、何らかの形で社会的弱者への支援を行っているなら私のアンテナに引っかかる程度の喧伝はしておいてもらいたい。

企業は営利団体、といえども、人の集まり。人の温もり・温かみを感じ取れる企業に対しては、他の人もそうだと思いますが、私は自然と擁護に力が入りますので。

...やっぱり...有り難迷惑?こりゃまた失礼しました〜。な〜んちゃって。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています