出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

消費者視点での食品に関する法律の改正は、製造所固有記号開示が最優先であるべきでしょう。

2010年11月28日
産地表示その他はその後の話。優先順位が順逆。

製造所固有記号制度自体は悪いことではない。社会的意義・エコ・消費者利益に適うものもありますので。しかし、実質景品表示法違反・詐欺的な行為に類するケースもあるでしょう。

ネットで一括検索できるように改めるのが、消費者行政の第一歩。所管行政機関もこの制度の問題点を理解し、是正に努めなければなりません。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています