出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

世の中とは不公平なもの。濡れ衣に対して誠実に対処した自社が社会的批判を受けたのに...

2010年10月31日

なぜ他社の意図的行為は責められないのか...。やり切れない気持ちに駆られる方もいるでしょう。

私も理不尽なことが多い、と感じています。マスコミによる第一報。その第一報に込められたニュアンスが自社の命運を決めてしまう、あくまで私の感想。

第一報の行間に漂うニュアンスを如何に中立的なものにしてもらえるか、それは大手食品企業各社が個々に常日頃から練っておく必要があるでしょう。

マスコミは誤報を恐れるだろう、と思います。ニュースを伝える際に事の背景まで思い巡らす「一拍の時」を願う意味を込めて、私は日頃から業界事情・行政実情を書いています...な〜んちゃって、私にそれほどの深慮は無し。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています