出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

所管官庁から法解釈の不適切を指摘された場合は自論は堂々主張した方がいいのでは?

2010年10月25日
法解釈が分かれ実際に行動した事例を私は2例しか知らない。1件は外資系。

もったいない。諭旨返しを恐れてのことか...。担当官といっても市井に疎く机上論でものを言う人も多いですから、教育する効果もあるのですから、正当と思ったなら主張を通す気概を時には示すべき。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています