出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

毛髪混入食品を食して食中毒?  ありえます。

2006年10月28日
毛髪混入は食品クレームとして最も多い苦情です。

一般には、ただ単に気持ち悪い、という苦情ですが、
「知らずに食べて腹痛を起こした」
と言われた時にどうなるか?

食中毒ではなく、気分の問題。

そうは片付けられません。
毛髪を含め、体毛には黄色ブドウ球菌が付着している、
と考えるべきです。

黄色ブドウ球菌は菌数が一定以上に増殖していると
エンテロトキシンという耐熱性の毒を産生します。

毛髪混入⇒食中毒、この構図は否定できません。

単に毛髪混入と片付けられるのは、苦情連絡した方の
食品衛生法知識レベルが低い場合です。

毛髪混入は件数が多いですから、食関連知識レベルの
高い人に当る確率も高くなります。

十分な対応が必要です。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています