出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

製造所固有記号届出漏れで店頭撤去?そこまでするのは...

2010年09月26日

大手は自身に厳し〜い。

食品関連法に精通しかつ順守に努めている大手食品関連企業にターゲットを絞って調査監督する方が行政も安心かつ楽に仕事出来るでしょうから、ね〜。

大手なら食品関連法順守上のそご・漏れ・勘違いを含めた全ての責はその企業が負う。当たり前のようで、それは当たり前ではない、そう私は思っています。

おかしなことを言うと思うでしょうが、小規模事業者によるそご・漏れ・勘違いは「うっかり」ではなく、知らないがための「必然」であったりします。

それが少数派であれば、行政も乗り出せるのでしょうが、そうではありませんので、行政が本腰を入れれば行政による啓蒙・巡回・指導の在り方がやり玉に挙がる可能性が大。ですから、及び腰になる。

大手に対して行政は安心して踏み込めるのでしょう...そして小さな「そご」がクローズアップされてします。大手は本に難儀、ですね〜。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています