出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

日本型企業防衛 OBの結集

2007年02月25日
サッポロビールのイメージは「北海道札幌」ブランド。地元名を冠した全国ブランドを有する事は羨ましい限り。北海道民・札幌市民も愛着と誇りを持っているのではないかと思います。

M&A問題では、サッポロビールの態度が煮え切らない。企業買収への対策が不十分であったのか、何か隠し玉・秘策があるのか。

地名を冠する強みを有するサッポロビール。北海道民・札幌市民から単体維持の支持を取り付け、道民・札幌市民限定でスティール・パートナーズ保有株の買取資金調達策を打ち出すのはどうでしょう。これは社内から提案できる事ではありませんので、同社OBが結集して道民・市民に「助けて下さい」と協力を呼びかけては如何でしょう。

資金が十分に集まらなくとも盛り上がり次第では、ホワイトナイトに保有株を譲渡すると発言しているスティールもサッポロビール側の意向に歩み寄るかもしれません。今後日本国内での活動への影響を考慮すれば一般人・地元民の意向を無視するのは得策ではありません。


日本文化・企業文化に根ざした「日本型企業防衛策」を演出するのは奇策かもしれませんが、殺伐とした世相の中、私はOBの挙動には注目しています。逆に人生を捧げ、愛着を最も強く持っているはずのOBが顕在化した動きを見せないようならば、経済的価値以外の社会的存在価値の乏しい・魅力の無い企業なのかもしれません。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています