出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

誠実に営業していても...刑事告発される可能性がある、それが小規模食品事業者の実情。

2010年07月27日
食品関連法を熟知して順法に努めない限り、刑事事件として起訴される可能性はあります。

「真面目に」「誠実に」ということとは関係ありません。「真面目に誠実に」事業を行っていれば食品関連法に抵触するはずがない、と当然のように食品関係者以外の大半の人は思っているようです。

小規模食品事業者で食品関連法を熟知して営業しているケースはレアケースですが、そういう実情を知らない人・機関からは「違反=意図的・悪質」と誤解されるケースは多い。

厳しいことを言われても「・・・?」という方は...残念ながら、薄氷の上で営業をしていることに気づいてはいないのでしょう。

...夏場なので、涼しい例えをしてみました。?座布団一枚!は無理かな?

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています