出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

いまだ内向きの不二家に危惧。

2007年02月24日

不二家のマスコミ対応には改善が観られますが、内向き姿勢は目に見えた形での変化は感じられず、マスコミ消費者の理解をとりつける誠実さに欠けています。

行政や取引先重視の主観的安全体制確立に注力するあまり、消費者とその動向に敏感な食品スーパーへの客観的安心感醸成がおざなりになっています。

販売再開への消費者の意見は「手放し歓迎」「信用できない」「時期尚早ながら、関係者の生活に配慮」とばらけています。私には総じて好意的な意見も多くなったと感じます。但し、マスコミは日和見ですし、情勢は流動的です。

デーリーヤマザキでの販売後、消費者動向と同業他社の去就を踏まえて、食品スーパーでも販売を再開するでしょうが、その時期は不二家の対応次第です。

「新生」不二家宣言が消費者から冷笑されないよう、宣言日に向けて誠実=積極的情報開示に努めてもらいたいものです。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています