出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

昨今の食品不祥事は「相対的」品質保証の低下が原因です。

2007年02月24日
インターネットの普及により、食の安全に関する消費者の知識レベルは相当高くなっていると感じています。顧客企業に寄せられる消費者からの質問・苦情。最近は科学的視点での質問・苦情が増えましたので、回答にあたっては科学的説明が求められるケースでは私にお鉢が回ってきます。以前は稀でした。

法令改正・食の安全への社会的関心の高まりに連れ、食品供給サイドも相応にレベルを上げていますが、消費サイドの情報収集・共有によるレベルの上昇は著しく、食品事業者側がタジタジになっている感があります。食品事業者にとっては悩ましい時代になりましたが、そこに差別化の商機も生まれてくるでしょう。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています