出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

食品関連法、特にJAS法は常識が通じない法、です。

2010年06月23日

例えば、産地。「産まれた地(出生地)」の意味ではありません。「本籍」「住所」「臨終の地」だったりします。変幻自在。

農水省の役人でも説明できないような解釈があるのですから、私には日本語で書かれた法とはとても思えない箇所も。

小規模事業者が目を白黒するのもわかる気がします。日本語が読めるなら誰でも理解できるような法でないと...「そんな細かな事言われても、わからん!そんなの知らん!」と言う人も...。ふ〜、そりゃ〜...そうでしょうけども...。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています