出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

ファミレス「ジョイフル」の企業姿勢に好感。

2007年02月22日
仙台にも店舗のあるファミリーレストラン。自主的に食品衛生点検を実施し、不都合な結果を公表した事に好感を持ちました。調査の結果見つかったのは賞味期限切れの食品の使用・販売についてのみのようですが、他の視点でも点検したのかは私にはわかりません。

自主的な点検を発案した時点で、店舗数の多さから何らかの不都合な事実が見つかる可能性が高いと思ったはずです。不都合な点検結果の秘匿は内部告発リスクを考慮すれば先ず出来ない。従って、点検を決した時に必然的に公表までのスケジュールを立てることになります。「点検を決断した」=「必然として不都合な事実の公表」。偉い。

業界で1社が実施した事は他の追随を促します。他のファミリーレストランの動向が気になります。追随する事が企業イメージにプラスかマイナスか、思案のしどころでもあります。危機管理上、点検を見送る方が無難だとは思いますが。

*賞味期限は多少過ぎても安全上問題がないというのが社会常識のようです(私はイッパヒトカラゲにはできないと確信していますが)。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています