出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

平成の世に飽食のブルボン朝を生きる。

2010年05月16日

ローマ、フランス。豊かさを追い求めた末路のきざし、飽食。坂道を転げ落ちるかのように、食べ物を粗末にすることを止められない今の日本。

「もったいない」「作った人に申し訳ない」という発想はいずれ訪れてしまうでしょう食糧不足時代の扉が再び開くまで封印。

人の健康を害する「食品衛生上の知識欠如」を伴う「もったいない」は、もっての外。「もったいない」という発想には、前提として「相応の食品衛生知識が必要」だということはハチャメチャな物言いいをする私でも流石に申し添えておきます。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています