出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

火に油?徳島県の試みは評価しますが、実効性は「低い」。

2010年05月16日
実務経験上の私見。「無い」とまでは言い切りませんが。

小規模食品事業者に対して意識付けとしての研修には勿論意味はあります。

ありますが、食品関連法順守に必要な知識を相応に身につけるには座学だけでは限界があります。

到達目標が「違反しないこと」なら研修ではなく代行してあげることです。代行することによって行政サイドの実務能力も向上するでしょう。

「研修」の範ちゅうにとどまるのであれば、失礼ながら同じことが繰り返される、でしょう。恐れるべきは...「研修したにもかかわらず...」となれば、それは門外漢からは「意図的違反」「悪質な違反」と解されます。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています