出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

食品不祥事発生時のダメージコントロール。

2010年05月16日
食品に限っての話ですが、レベルの低い会社だけが不祥事を起こすわけではありません。知名度の高い企業であれば、どれ程「誠実に」かつ「努力」しても不祥事を回避することはできません。知名度の高い企業の場合は、100点でも不合格、だからです。

ミスによる不祥事が公になった場合、間髪入れず社外から擁護の声が挙がること、それがダメージコントロールの手段となるでしょう。

日頃から自社のファン・シンパを増やす地道な努力。それが第一報直後に機先を制する火消し役を果たすでしょう。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています