出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

「悲劇は繰り返される。」食品関連法所管行政は青森県と徳島県の事例に学んで頂きたい。

2010年05月16日
一事業者のみを単発で処理しようとすれば、その事業者に非難が集中し、追い詰められた人が家族に別れも告げず最後の道を選ぶこともあります。本人に非があろうと、それはあまりに悲しい。

自行政管轄区域内の実情に疎いということは、顕在化した事業者を「不公平」に追い詰めることになります。結果として、一時しのぎの「トカゲのシッポ切り」に過ぎません。

公正と公平の違いをよくよく理解頂きたい。悲劇はその他の都道府県でも起こっています。

県産ブランドのイメージ低下を危惧しての「見て見ぬ振り」は、何れ顕在化するリスクをはらんでいます。

小規模事業者の「実質的」経営トップ(オーナー)への「直接」啓蒙を避けて通ることは、県産ブランドイメージ低下を「単に先送りするに過ぎない」ということは理解ください。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています