出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

「正しい食品一括表示」の作成は簡単ではありません。

2007年02月21日
福島県は今年度の「県食品衛生監視指導計画」に、食品の原材料表示の確認の徹底を盛り込んだそうです。取り締まりを強化しても実はありませんし、違反摘発件数が増えて、行政自体が困る事になります。「啓蒙」に力を入れるという事なのでしょう。

消費者にとっては原材料一括表示が適正であるのは当然という認識でしょうが、事業者にとって「正しい(合法的)表示」を作成するのは簡単ではありません。作成者は少なくとも食品衛生法・JAS法に精通している必要があります。

キャリーオーバー等書き方も千差万別。一つの食品の表示案だけでも何十通りもあります。自習する以外に作成技能を身につける方法はありません。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています