出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

「もったいない回収削減提案」、消費者団体の行動により「一歩」前進。

2010年04月22日
勿論この提案に応えて消費者庁がガイドラインを作成したとしても、大手企業が自社の回収判断基準を変更することはありません。大手企業が回収基準見直しに取り掛かるには、ガイドラインでは残念ながら弱い、でしょう。先ずは消費者サイドから声をあげて頂いたことを「大きな」第一歩として高く評価したい。

実行性については消費者庁が大手食品製造企業・量販店の品質保証「実務」責任者に質問状を送り、その回答を集計・分析して実行性のある(強制力のある)手を打ち出して頂きたい。

万が一にでも企業イメージを損なうような選択を大手企業が選択できるはずがありませんので、その点を消費者庁は十分忖度頂きたい。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています