出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

心を砕くのは、「依頼事業者を守る・助ける」ではなく、「依頼事業者の取引先を守る」。

2010年03月20日

「依頼事業者の取引先へ迷惑をかけない・類を及ぼさない」そのために心を砕く。

依頼者を守る・助けるのは二の次。

依頼者のミスが原因であれば、ある程度の損失・お叱りを依頼者が受けるのはやむを得ないものとす。

「善意の他者に多大な迷惑を掛けてでも、自社は助かりたい」そういう料簡を私は絶対に許容しない。

私の曽祖父は戦前漁業組合長だったとか。曽祖父と祖父に顔向けできる仕事しか私はしない。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています