出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

食品関連法順守のためには、年間300万円以上の固定費が必要。

2010年02月19日
専門的に食関連法順守実務にあたる従業員(品質保証専従者、品質管理専従者)を雇う必要があります。

また、専門的にその方面の実務(機器分析実務を含む)を積んだ実務経験者でなければ順守実務はこなせません。そういう人材を中小規模の食品事業者が得るためには、必然的に中途採用という選択になりますが、固定費が...。

ゆえに...雇えるだけの余力のない小規模食品事業者では意図せぬ(悪意のない)違反があるのは、ごく自然なことです。

結局のところ、多岐に渡る食品関連法が存在する限り、注目度は低いですが、この状況は永遠に続く、それが道理。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています