出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

食の安全・安心条例。都道府県・政令指定都市のレベルが透けて見える。

2010年02月16日

食品事業者に対して厳格な条例を制定した自治体は、一般に「食品行政実務レベルが低い」「議員の情報収集・現状把握能力が低い」はたまた「消費者団体の力が強い」かのどれかでしょう。

一旦制定した条例を破棄する、というのは容易なことではないでしょうから、その自治体は以後貝になる選択を迫られるでしょう。

その点、山形県の選択は正しい、と私は思います。条例を制定する前に不可欠なこと、それは啓蒙。啓蒙なくして、処分なし。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています