出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

犯罪者となるも、犯罪被害者となるなかれ。

2010年01月24日
これを日本は推奨している。犯罪被害者の方々、ご家族の方々に対する政治家(選挙民である私が悪い)の仕打ち・無関心は目にあまる。

犯罪被害者とそのご家族は捨て置かれ、犯罪者は国が手厚く保護する。文部省も法務省推薦として教科書に「犯罪者となるも、犯罪被害者となるなかれ」と掲載するべきでしょう。

犯罪とは国家の権威に刃向かう行為という凝り固まった古い解釈のみでは、犯罪被害者とそのご家族への足ざまな処遇を国家による犯罪とみなす私のような庶民感覚は理解できないでしょう。

国家の権威に楯ついた犯罪行為によって、被害を受けたということは...国家の権威で守れなかった罪を償うため、国家が犯罪被害者とそのご家族に手厚い「賠償」をするのが当然、私はそう思う。


間接的に法令違反を推奨する「お上」は食品行政のみならずや。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています