出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

見えてきた書店の生き残り策。

2010年01月17日
全国の各書店は協力して書店「店頭」在庫検索システムを構築する道。これしか先行ネット通販事業者と渡り合う道は無し。

「今すぐほしい」「今日中にほしい」それに応えられるのは店頭在庫のある近隣書店。しかし、それは各書店に電話するか、各書店のHPで在庫検索するか、何れにしろ急いでいる時には面倒。各書店が連合し、共同の店頭在庫検索HPをつくるべきです。

特に小規模書店には確実に在庫があるとわかっていないと入店しづらい、それは何も買わずに出づらいから。小規模書店であっても在庫があることを入店前に確認できれば「もし置いてなかったら、何も買わずに出づらいし...あ〜置いてないんですか〜とも言いづらいし...」そんな憂うつな迷いも生じない。

勿論、目的なくただぶら〜と入って思わぬ本との出会いを楽しみにする、そういう書店ならではの楽しみ方は不変。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています