出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

食中毒事故後の営業停止期間の根拠は?

2006年10月23日
「食中毒事故ニュース」
テレビではほとんど報道されませんが、インターネット上のニュースサイト上で確認できます。

それらの記事中で気になるのは、処分期間の長短です。

「改善措置がとられるまで営業禁止」
「3日間の営業停止」
「5日間の営業停止処分」

ネット上では処分期間の根拠正否を判断できません。自治体によって基準が異なるように思いますが、あえて基準を問合せたことはありません。

原因検証・改善確認が終了する前に「何日間の営業停止」と決定するのはおかしな話で、「改善措置がとられるまで営業禁止」という処分が正しい判断です。

正しい判断をあえてしないところに行政の苦渋(処分対象事業体の経営への影響考慮)が透けて見えます。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています