出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

食品事業者の食品衛生への関心は、長い年月をかけて各地の保健所が高めたもの。

2009年12月29日
一方、JAS法へ関心の低さは農水省が長い年月をかけて定着させたもの。その反動で世はJAS法流行り。いやはや何とも。

JAS法に関する関心・知識が小規模食品事業者にまで広まるには、なお数年の時を必要とするでしょう。

食の安心(JAS法)より食の安全(食品衛生法)の底上げを本来優先すべきです。国民が消費者庁に力を与え、JAS法と食品衛生法の実権を握らぬ限り、食品関連法の迷走は続く。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています