出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

食品「回収は突然やって来る」わけではありません。

2007年07月25日
食品事業者にとって自身に起こる「回収」は青天の霹靂、です。それまで気づかなかったから、出荷してしまった、出荷し続けてしまった、ということです。

ネットショップや食品スーパー等で、食関連3法(食品衛生法・JAS法・景表法)の観点で私が点検している感想としては、これら3法の習熟度が十分でない事業者では現在販売している商品自体に既に回収リスクを負っています。

「回収相当に事態が深刻化する前」「回収相当を第三者から指摘を受ける前」に事業者自身が自社商品の問題に気づかなければ回収は回避できません。

自己点検能力を身につけるには食関連3法に関心を持ち、知識の修得に努める以外に策はありません。大変でしょうが、今や食品事業者規模の大小に関係なく、等しく求められる不可避の知識です。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています