出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

不必要な回収を防ぐ報告書の書き方とは?

2007年06月20日
賞味期限表示が誤って長く印字してしまった場合等は回収は避けられません。しかし、品質異常の場合、健康危害があるか、複数個発生する可能性があるか、これらを科学的にそして迅速に検証することで、回収の要不要を判断することができます。

調査に数日を要したり、科学的に説明できないために、不要な回収・撤去をせざるをえないケースもニュースにはなりませんが、多いです。もったいない、話です。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています