出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

「発掘!あるある大事典II」専門外の事をどうしてチェックできると思ったのでしょう?

2007年01月29日
関西テレビの弁明では、「企画段階から放送まで、2人のプロデューサーが6、7回チェックするポイントがありながら、ねつ造を見抜けなかった」と弁明しているそうです。

失礼ですが、番組を観れば、科学面に詳しい方が参画していないのは明確です。プロデューサーお二人も専門外の方でしょう。

どうして専門外の問題点を見抜けるでしょう?

どうして監修できると思ったのでしょう?

精神的に追い込まれ、思慮が及ばなかったのでしょうか?

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています