出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

JAS法は消費者庁が所管すべき。

2009年08月30日
農水省が「監督」する限り、JAS法順守は浸透しない。JAS法「違反」を浸透させてきた意図は民間人の私にはわかりません。「単にめんどくさかったのか」「ヤミ専従で忙しかったのか」「JAS法を軽視していたのか」「事業者負担に配慮したのか」「天下りに支障をきたすためか」私のような小人には到底理解の及ばぬところです。

農水省が今もJAS法監督権限を有している弊害は無視できない。Gメン組織の創設も「ヤミ専従のロンダリングか?」「違反を秘密裏にヤミにほうむるための専従組織か?」はたまた「余剰人員の職場の確保が目的か?」、私は曲解する。

農水省がJAS法を所管し続ける限り、影はずっとつきまとう。JAS法の所管利権は手放し、新たな利権獲得を模索した方がいいと思うのですが。

 
Comment(1) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています