出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

仙台の飲食店でちょっと気の毒な違反がありました。

2007年01月27日

地元仙台でこんなニュースがありました。

「飲食店で賞味期限切れの食材を使用していた。店の人によると、冷蔵で保存した場合の賞味期限なので、冷凍していたので使ってよいと思った」およそこのような内容のニュースでした。

確かに冷凍した場合、その間細菌は増殖しませんが、解凍後表面に水が付着して細菌の増殖が速まるということも絶対無いとも言い切れないかも。ただこの程度でニュースになってしまうのは、ちょっと店の人にかわいそうな気もしますが、勝手に判断するのは食を提供する側としてはちょっと問題かもしれません。製造元に問合せて確認しても、冷蔵保管→冷凍保管→冷蔵保管という流れを経た場合の細菌数変化まではテストしていないでしょうから、明確な回答はもらえなかったでしょうが。

こういう事例もダメですよ、という注意喚起の意味で地元テレビ局は取り上げたんだろう、と思いました。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています