出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

不二家が黄色ブドウ球菌1000個未満を社内基準にした理由。

2007年01月27日
一言で言えば、不二家の品質保証担当者が食品衛生知識を有していた、からです。

黄色ブドウ球菌が1000個/g未満では食中毒原因の毒素エンテロトキシンを産生しない、からです。

不二家の社内基準は誉められたものではありませんが、毎日自社で細菌検査を行い一定レベル以下に管理することを前提とし、この不二家の基準を上回る食品も流通している現状を踏まえて査定すれば、実質「妥当」な管理基準と言えるでしょう。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています