出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

食品関連業者の方へ。不必要な「回収」をしていませんか?

2007年01月27日
私は職業柄、食品事業者から品質苦情・品質クレームの調査依頼を受けることが多いのですが、社長さんが問う第一声は「回収が必要だろうか?」という問いです。

依頼を受け状況を伺った時点では、「回収が必要」「私の調査結果を待って判断」「回収不要」の何れに該当するかを私は伝えます。「原因の検討もつかない、健康に与える影響も全くわからない」ということでは倫理上回収すべきですから、持てる食品衛生・食品化学知識を駆使して、お客様に「現時点で緊急回収の必要性がない」と理解して頂ける「説明」を社長さんに伝えます。商品特性その他あらゆる事を熟考しても「要回収」以外ない、という場合はそう伝えなければなりませんが、これまでのところ、そういう事例には幸いまだ遭遇していません。

一日の猶予を頂いて、主に細菌検査で衛生状態を掌握し、現物が手元に届いた翌日に調査報告書を提出しています。品質苦情・品質クレームの内容は多岐に渡りますが、細菌検査が健康危害有無を説明する資料として必要ですし、検査をしたという誠意・誠実をお客様に示す効果もあります。

顧客対応がこじれて、保健所が介在してきた時には、最低科学的説明資料として細菌検査データが必要です。品質苦情・品質クレームを受けた時には、保健所へ説明が必要になる、そういう事態も想定して直ちに細菌検査データ収集に取り掛かるのが危機管理・リスク回避上必要になります。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています